高耐熱ガスケットフィット

dytona.jpgガスケットの接着剤です
一度取り上げているネタでしたらゴメンなさい
マフラーフランジのスチールガスケットの脱落防止に使いま

マフラーをはずした際にスチールガスケットを交換するが、ポロっと落ちてきてイラっとします
なので脱落防止にグリスを接着剤代わりに塗るが、グリスは溶けるし焼けるし汚くなる
これは溶けて流れ出すこと、焼けこげることもないのでエンジンを汚さないよね
高耐熱ガスケットフィットをちょっと厚めに吹き、しばらく乾かすと表面がベトっとするので接着に使うには好都合
ただし、排気ポート周りのカーボンやオイル汚れを拭き落としておかないとくっつかない
グリスじゃダメってことはないんだけど、ベストかなと
それより、マフラーを外したらガスケットは替えようね
ペッチャンコになって排気漏れの原因やフランジナットの締め過ぎも出てくると思うよ

キャブのフロート部分のネジ穴修正

tap1.jpgtap2.jpgtap3.jpgCB400Fの純正キャブのフロートカバーをとめているネジって上がりやすい
ネジ山が上がってしまいネジを貫通させてナットでとめる方法も耳にする
純正のプラスネジはドライバーのサイズが合っていないと簡単にナメます
ここに限ったことじゃないけど、ドライバーのサイズは重要

それに漏れるからといってギュッと締込んでネジ山をあげちゃうんだろうなとも推測する
ステンレスのヘキサゴンは締めやすいんだけど過剰トルクにもなりやすい
我が家の408もとついで来た時にはすでに怪しい様子だった
FCRに交換してからはストックルームで眠っていんだけど、友達に貸すためにこの度めでたく修理
ヘリサートぶち込んであげました

画像はわかりやすいように養生なしで撮影しています
キリコが入らないように養生しましょう

タンクキャップ変更

tankcap.jpg

朝日電装のゲージキャップを使っていたんだけど….漏れます

見た目はいいんだけど漏れるのは嫌なので性能重視にしてみた

これも大事なストックなんだがヨンフォアに投入

これはこれでよし

いい感じに漏れないでいてくれる

Blog見てますよ

ってありがたいコメントをいただくことがあります

最近サボり気味で更新がほとんど無い

だいぶ反省しています

インジケータ交換

ingi1.jpg

以前コカした時にメーターで押されて曲がってしまったインジケータ
気にならないって言いえば気にならない
気にしているのは持ち主だけ
そんな感じだけども気になって仕方がないので交換してみました

ingi2.jpg

ingi4.jpg純正未使用投入です
まあ、しまっておいても勿体無いので使うことに
左が純正、右がリプロ
プレートの質感がまるで違う
よく見りゃ文字も違

ingi3.jpgフロント周りを結構バラさないと交換できない
見た目正面だけなんだけどね
配線を抜かなきゃならないので以外と面倒な作業

ingi5.jpg作業完了の絵です
乗れば目につく場所ないのでスッキリした感じ
重い腰を上げた甲斐があるってもんです
こうなってくるとアチコチ気に入らないところが出てくるね

レデューサーの掃除とブリーザーパープの取り回し

Breather3.jpg

レデューサーをつけてる皆さん掃除してますか?
乳白色のどろっとしたオイルが溜まるので、溜まりすぎると性能を著しく低下させそうなのでたまには分解してみることをオススメします
ついでにブリパイの取り回し変更
どうもスイングアームとフレームの隙間に挟み込む処理が好きではないのでこんなパーツを買ってみた

Breather2.jpg

Breather1.jpg

まあ見た目です
フィルターを付けていてもキャブに戻してないので大気放出には変わりがなさそうだが気持ちです気持ち
平成何年かは覚えていないが、確か排ガス規制前の車両はブローバイガスの大気放出は車検の際にチェックされなかったはずだが一度調べてみるとする
経験上エアクリーナーボックスにブリーザーパイプが繋がれていない状態でも継続車検は合格している

削り出しオイルクーラーステー

oil2.jpg

画像はアールズ用だがロックハートにしてもヨンフォアにオイルクーラーを取り付ける場合はU字ボルトと金物を使いフレームにくわえさせるパターンが一般的
で、以外とシックリつかない

oil1.jpg

これは削り出しのオイルクーラーステー
完全にフレームを挟み込むし、見るからに丈夫さが違う
それにこの大げさっぷりが気に入った

oil3.jpg

oil4.jpg本来はオイルクーラー上面の吊りステーの面とフレームにくわえさせたステーの前面の面がピッタリ面合わせになるんだが、そうするとステダンのステーがコアに食い込むのでカラーで逃げさせてある
それでもシッカリ、キッチリ取り付け完了
完全に自己満なパーツです

デジタルタコメーターの位置修正

meter1.jpg
アクティブのレブテンプメータの位置がずーっと気になってたんです
電気式のデジタルタコメータなのに見えづらくかっこ悪い位置
あわないステーはダメだね

meter2.jpg

アクティブ純正のステーに変更したらスッキリ
今度は立ちゴケした時の傷…..メータの向きと曲がったインジケータが気になって仕方ない

熱入れ完了

IMG_2875.jpg

ここのところ少しだけ寒さが緩んだようで、日中もパンパンに厚着をしなくても乗れるようになってきた
ぶらっと乗って、エンジンに熱を入れて完了
乗ってますよ!!
あまり乗り過ぎると距離が伸びるのでもったいないと言い訳をしているが、実際10000キロ台に到達するのは気持ち的に辛いです
最近更新していないですね〜と更新様のお達しもあり、気がついたように更新してみた
ではまたお会いしましょう

Castle Stage

cs.jpgステッカーが上手く貼れたというだけですが
どこに貼るか結構悩む
それに上手く貼れるか結構悩む

どうにか曲がらずに貼れたようで
ただそれだけですが、なんとなく幸せ

一部記載内容を更新

※塗装先は下記です
Castle Stage(キャッスル ステージ)
埼玉県川口市 Tel:048-286-6918
店主が旧車に乗っていて、お客さんも旧車乗りが多い為、色の出し方、ラインの入れ方が上手。フレーク等の塗装は不可

フランジガスケットの接着

ekigasu.jpgマフラーを取り外す時、ガスケットがポロっと脱落する
仕方がないのでグリスを接着剤代わりにしてガスケットに塗って装着する方法は一般的
難点は、熱が入るとグリスが溶けてフランジ周辺が汚くなること
そこで登場するのがデイトナの高耐熱ガスケットフィットなる物
本来の使い方はエンジン組み立て時などのガスケット接着補助剤
スプレーして1〜2分経つとベトベトするのでマフラーのフランジガスケットにスプレーしてから取り付けると脱落防止になる
たまにしか使わないケミカルだけど、汚れるよりはいいかなぁと