マフラー交換…出来ず

muf2.jpg
お盆の慌ただしい中、急にマフラーを交換したくなり、それも純正マフラー+ヨシムラスリップオンレプリカという作業難度の高いもの
そういえば何年か前の大晦日に同じような事をしていたなと思いつつサクサクと外して付け替え作業
この時点ではとっても大事なことを思い出していない….

muf1.jpg
純正マフラーの取り付けはハッキリ言って嫌い
嫌な作業のトップ5には入ると思う
シッカリ差し込まないと割りカラーとフランジが付かない
方法はいろいろあるんだろうが、自分はまず1番を仮止めして2、3番の位置合わせをしながらの4番を仮止め
この時に3番のフランジはフレームを超えてエンジン側にいないとアウト
もう一度全て外す羽目になるので要注意

なんて、記憶を頼りに作業をすすめ、仮止めの状態でスリップオンをさして位置合わせを!!
ここで思い出した
アゲインのスイングアームを取り付けるときにスイングアームとU字のサブフレームが干渉するのでサブフレームを外側に開いていた
サブフレームにマフラーを取り付ける構造なのでどう頑張ってもスリップオンが付かない
暑い中これだけ頑張った作業もここで終了

muf3.jpg
muf4.jpg
そのまま、今まで使っていたマフラーに戻す気にもなれずタンスの肥やしとなっていたモリワキの登場
規制後だけどノーカット、ノーペイント
ヨンフォアミーティングはコレで行こうか迷い中

という忙しい思いをしただけの単車いじり

タベットキャップのOリング交換

gomu1.jpgヘッド周りのオイルにじみ
犯人はOリング
作業ノートを確認していないので正確な日数は後日確認するとして、交換してから距離は4〜5000キロじゃないかと思う
使用期間としては前回車検からだと思う
実は今年の車検で交換し忘れていた消耗品です

gomu2.jpg

gomu3.jpgゴムがつぶれてますね…
それに溝にもオイルがまわってて….
パーツクリーナーで綺麗に掃除して組み上げ
塩さんのHPでタベットキャップの粗悪品、確かスが空いていて漏れる事例も出てたが、漏れないとなると純正なんだろうと考える
社外品を使うとしてもブランド的に有名どころを使うと漏れのリスクも減るんだろうね
もちろんOリングは純正を使おう!!

オイルクーラー破損のその後

20140704-oil.jpg

失敗した感のあるラウンドは画像すら撮ってないのでお見せできないが。やっと新しいオイルクーラーへ付け替えが終わった
9インチ7段です
10段から3段マイナス、見た目がだいぶ違う
コアはメジャーなブランドではないが安さにつられて買ってみた
サイドのマウントカラーの入手が遅れているので殺風景な感じだけど、これはこれでいい感じがする
段数については、多分これで十分
9インチもいらないかもしれないが見た目で幅だけは確保した
以前の段数よりスッキリです
マウントもカラーを追加し、ステダンと干渉してしまうトラブルは避けるようにした
しばらくはこれで使ってみようと思う
なんだか気持ちがスッキリ

オイルクーラー破損

20140620-oil3.jpg

オイルがたれてる……
どこだ、どこだと探したら
やっちゃいましたね

20140620-oil1.jpg
20140620-oil2.jpg

先日のオイル交換のとき、気まぐれでオイルクーラーをアールズに戻してみた
その際に….コアがステダンのステーとビッタリとくっついておりました!!
そういえば干渉したんだったと思いだした
完全な確認不足です
オイルを交換したばっかりなので、アダプターごと交換してロックハートに戻すのもどうかと
折角最近のコアのものに換えたのだからまたまた今時のを付けてみようとPLOTのラウンド型を買ってみた
付けた感想はカッコわるいので画像も載せられません
近日中にロックハート戻し決定です

久しぶりの化け350Fourとオイル交換

20140114-350f1.jpg

昨年は頑張ってほぼ黄色タンクで過ごしていたと思うので久しぶりに外装チェンジをしてみるとする
久しぶりのバケサンゴーです
タンクが短いせいかちっちゃく見える

20140114-350f2.jpg

先日の青ファンネルを取り付けた様子です
下のトルク感があがったというかパンチが違うような気がする
スローも若干いじってるのでどっちの効果かはわからないが、ひとまずいい感じです

20140114-350f3.jpg

ここのところ乗りっぱなしなのでジックリみると色々と出てくる
フロントフェンダーステーの所の皿ビスが飛んでいっていない
マルゾッキのキャップもどこかに行かれたようです

20140114-350f4.jpg

オイル交換のサイクルを迎えているので入れ替えです
基本は1000キロまたは半年
化学合成オイルに替えているので1000キロまたは1年でもいいかなとは思うが、基本は基本としてサイクルは出来るだけ守ろうと思うが、今回は1年超したか
今回も引き継きMOTUL 300V
夏場でも油温度が上がりすぎず、熱ダレ、シフトフィーリング等々体験できることは多い
SHIO HOUSでシッカリ組んであるエンジンなのでオイル漏れも起こらず(若干のにじみが出ることはあるが)300Vをやめる理由がないので継続使用
ただし
MOTUL 300Vがいいよ!!
ってみんなに勧める訳ではない
それぞれのエンジンや乗り方、乗る回数、距離、エンジンの状態などで個々にあったオイルを選ぶことを勧めます
元々S9という部分合成(ほとんど鉱物のようだが)なので、MOTULでいえば5100など選択肢は沢山あるのでいろいろ試してみることを勧めます
けして純正オイルが悪いと言う訳でもない
SHIO HOUSでいう「純正同等か純正以上」という考えです
安いオイルでこまめに替えればオッケーでしょうという方も多いと思うが、エンジンのことを思えばそこそこのグレードのオイルでこまめに交換
エンジン内洗浄をかねるので内部もきれいになっていく
表現が悪いので付記すると、安い=悪いではない。グレードの問題で低いグレードのオイルは安い場合が多いと思う
上級グレードでも輸入オイルでは割引率の高いのもある
もう一点は上級グレードとはいっても、現行高性能車に使うような例えばワコーズの4CRのような浸透性のいいシャバシャバなオイルは避けよう
わかったような事をずらずら羅列したが、プロフェッショナルな方からはコイツ何言ってるんだとお叱りを受けると思うが、旧車に乗るにはオイルには気を使って欲しいという事で理解して頂きたい
オイル交換のあとのエンジン音て違うよね

ロングファンネル

20131228-image11.jpg

これも以前から気になっていたFCRのロングファンネル
ダックスカスタムの時にCRを使っていたが、この時もロングファンネルのほうが低い回転域のトルク感が違った
レーシングワールドの小泉店長にロングはどうかとたずねてみると、ミドルクラスにFCRを付けた場合にはロングがいいとおもったような回答が返ってきた
迷わずロングお買い上げです

20131228-image12.jpg

長さは大げさに言うと倍
本来はジェットの交換をした後のフィーリングを見てからファンネルを替えたほうがファンネルの効果が解るのだが、一緒にやってしまった
それにしてもにぎやかな色合いだ
トリコロールカラーとひょうげんすればカッコいいが、チョット派手だな
早く結果をみたいが、まずは外装を仕上げなきゃ

キャブレターの清掃とセッティング

20131228-image.jpg

外装を外したついでに使わなくなった配線を整理しキセノンからヘッドライトブースターへ変更するなど地味な作業をしながら以前から気になっているキャブレターの汚れが目について仕方がない
冬本番で薄いセッティングも気になっていたところなので、キャブを外して清掃とセッティングを行うことにした

20131228-image2.jpg

あらためて見るとまあすごい
直キャブだから吹き返しも食らってるからだろう
ファンネルに穴を開けちゃってるから余計にボディが汚れるんだろう

20131228-image3.jpg

外してパーツクリーナーをかけるとガスの赤い汚れがみるみる落ちる
汚れてたね
ジェット類を交換して若干濃いめに振ってあげた
これも気になっていたいた所だがFCRのトップカバーを黒結晶に塗っていたんだけどやっぱり赤だよね

20131228-image4.jpg
20131228-image5.old.jpg
20131228-image6.jpg
20131228-image7.jpg

大掃除の合間に剥離して、大掃除の合間に塗っちゃってます

20131228-image8.jpg

焼き付けはいつものストーブの上にお菓子の缶
くれぐれもストーブは中火で火加減を見ながら焼いて、放置は絶対にアウト
焦げちゃいますよ

20131228-image10.jpg

無事赤い結晶塗装になったのであとは組むだけ

FCRセッティング スペシャルニードルの装着

20130202-set1.jpg
20130202-set1_1.jpg

季節外れの暖かさの中、結局ニードルの装着をしてしまった
いつも思うが、単車の整備には工具の充実が必要
ニードルを外す際にも長いレンチがあると作業性があがるし、ネジを落とさない

20130202-set2.jpg
20130202-set3.jpg

ニードルの脱着は、Eリングが一番上の段数の場合ラジペンではさんで取り出す事が出来ない
キャブを逆さまにして取り出してもいいがガソリンがこぼれるので、アクセルを開けた状態にしてピンをむき出しにする
そっと持ち上げてあげてニードルを取り出している
この方法は正しいかどうかは別なのでおススメする方法じゃありません

20130202-set4.jpg

ニードルはこういう状態で送られてきた
段ボールにさしてある
確かに傷は防げるし持ってこいだ
段ボールに番手を書いておけるしね
こういう知恵には驚かされます

20130202-set5.jpg

エアースクリューも触りたいのでファンネルを外したが
しかし外しづらい
正確にはネジを外しづらい
ファンネルの両側を削ったが、削り足りないような気がしてならない
肝心なセッティング結果だが、アイドル状態の薄さは変わらないようだが開け始めというか5度程度の少し開けた状態というのか町中を30キロ程度で走っている領域で空燃比が16台
薄いよね
走り出しても下の方が薄くなったような感じだが、全体的にはスムーズにフケ上がり、回転のあがりがいいというか大げさにいうと2ストのように回って行く感じ
追い越し加速でガッと開けると一瞬A表示になり濃い方向に触れるが5〜6000回転域ではいいい感じになった
全海域で数値的には濃い感じもあるが非日常の領域である事と薄すぎてエンジンを焼く事を考えれば、ひとまずはメインとニードルは決定とする
ただし、下が薄いので次回スローは一番手あげてみるとする
ニードルも一段下げてみたいが一気に行うとどこが悪いのかがわからなくなるので、地道にひとつずつつぶしていこう

FCRセッティング スペシャルニードル

20130202-fcr.jpg

FCRのセッティングを行っていて、あらためてヨンフォアの面白さを実感
コーーーーーーーーーーーーーーン
って言うマフラーとキャブからの音がなんともたまりません
音だけなら200キロオーバー
セッティングを繰り返しているなか、仲間のコウ君からスペシャルなニードルを譲ってもらえる事になった
マニアなカレだが、ひとまずヨンフォアはやり尽し違う単車に乗り換えた為に使わずにしまっておいたらしい
番手が刻まれているがPeKeさんスペシャルだという事で、コウ君の話しによると下のほうが薄くなってるようだ
番手による誤解のないよう公開はしないでおきます
今日つけたい所だが、今日は無理そうなので楽しみは残しておく事にする

スタッドボルト交換

zero1.jpg
zero2.jpg

398号の抜けずに1本だけ交換していなかったスタッドボルト
マフラーの付け替えばっかりしてるからネジ山がイかれてる
大ごとになってからでは遅いので荒治療
走って温めりゃいいんだろうが、トーチであぶって温めた
びくともしなかったボルトの撤去完了
無事取り替え終了です
懲りずにマフラーが黒いのに代わってる